2006年12月25日

ID:nk1hPyofの妄想

181 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/29(水) 22:12:45 ID:nk1hPyof
俺は極真空手の世界チャンピオン。しかも4年連続で。
俺の下突きを食らった奴は即くの字、
前蹴りで相手の内臓破裂させた事がある。
街角の小さな道場を任されていて、
仕事の合間に道場に顔を出してチビッコに空手を教えている。
普段の仕事は物流系の肉体労働。どんだけ働いても疲れない屈強な身体。
職場の同僚から「機械」とからかわれている。

と、体力がなくて2時間も動けない俺が妄想してみる
posted by にーつ at 04:33| Comment(43) | TrackBack(1) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:eZjrbu0Cの妄想

180 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/29(水) 19:19:52 ID:eZjrbu0C
親父が飯屋やってんだけど、もう10年以上の常連の客の1人に酢昆布工場経営してる
おっちゃんが居て、来るたびに袋一杯酢昆布をくれる。
勘定したら、都昆布みたいなサイズの箱が50個くらい入ってた。(´Д`;)ウヘァ
親は酢昆布嫌いだから、俺と妹二人で酢昆布食べてる。
学校にも持ってって、クラスメイトに配ってたら
いつのまにか、酢昆布長者ってあだ名が付いてた。。・゚・(ノД`)・゚・。
○○長者って○○で金持ちになった人のはずなのになんでだよ。
んで、俺が凄い酢昆布好きと思われたのか、この間の誕生日プレゼント、段箱いっぱいの酢昆布だった…_| ̄|○
しかも、おっちゃんのトコの…。
リアルで_| ̄|○のポーズ取っちゃったじゃんか。
ひとまず、その箱一杯の酢昆布はクラス全員で分け合ったけどNE!

って妄想をここ3日、繰り広げながら、酢昆布を貪り食ってます。スコンブ(゚Д゚)ウマー
posted by にーつ at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:Kr75nnw7の妄想

164 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/25(土) 22:57:22 ID:Kr75nnw7
幸せそうなカップルや家族連れを横目に,寂しく帰宅する俺。
と,街角でサンタが座り込んでるのを発見。なぜか他の人には見えないようだ。
腰を悪くしたサンタに,代わりにプレゼントを配ってくれるよう頼まれる。
尻込みするが,仕事の後プレゼントをくれると言われて引き受けることに。
人語をしゃべるトナカイと話しつつ,俺は全国にプレゼントを配って廻る。
上空1000メートルで出会った,ロシア担当のサンタに
先ほどのサンタのことを頼んでおいた。
明け方にようやく仕事が終わり,サンタクロースの打ち上げに招かれた。
各国のサンタやトナカイ,サンタガールと盛り上がる俺。
宴会の途中ふっと眠くなって,目が覚めたら自分のベッドに。
枕元には,クリスマス仕様の包装のプレゼントが。

妄想するのは一瞬だが,書いてみると長くなるねえ。
posted by にーつ at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:u0hasEuqの妄想

111 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/09(木) 23:03:15 ID:u0hasEuq
2ちゃんねるが街になってる妄想。
栄えてる板は高層ビル。
過疎板は小さいビル。
その板のテーマに合わせた風景の町並みがビルの中にある。
生活板なら商店街。
店の看板にスレッドタイトルが書いてある。
店に入ると何人かの人間が椅子に座り返事に時間がかかる会話をしている。
posted by にーつ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:zF8N3U/Gの妄想

99 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/07(火) 13:27:50 ID:zF8N3U/G
小倉優子系でむちゃくちゃ可愛い女の子が
実はばりばりの野球選手っていう妄想が今自分の中で展開中。
女が男の中で頑張れるほどの野球の才能と超人的な肉体は勿論
かわいらしいルックスと見た目に反するクールな性格で国民的アイドルになるも
野球馬鹿なため調子に乗らず、逆に見世物になっていることに悩みを抱く。

野球あんまり詳しくないので彼女の守る位置とか決めてない。
あと応援団がどんな感じで彼女を応援するのかも決めてない。
今のところメジャー行ったパターンと日本のプロ野球のパターン
両方妄想してる。
漫画の連載読んでるようで楽しい。
posted by にーつ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:tN4Dsgmvの妄想

83 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/06(月) 01:55:04 ID:tN4Dsgmv
密かに慕っていた男を他のビッチ系の女に取られた女の子が
だんだん病んでって最後にはホームの列の先頭に並んで立つ
女と男の前に出て
「あはははっははは〜〜〜!!あはは〜私の勝ち!!勝ちなんだよ!!」
と言いながら笑顔で電車に飛び込んで自殺する。
二人の体に血飛沫がかかり発狂する女。
呆然とする男。

もしくは女の後ろにばれない様に立って「死んじゃえ」と言って
背中を押し線路に突き落とす。
潰れる女。
女の子と男が血まみれになる。
「やったああああああ!!!!殺したああああ!!!邪魔な奴をやったあああ!!
 あはひはあひああああはあああはははは!!!」
と女の子が発狂しブラックアウト。
posted by にーつ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:yZ9jCzyrの妄想

70 おさかなくわえた名無しさん 2006/11/01(水) 10:08:01 ID:yZ9jCzyr
>>68
男装して修道院にもぐりこんだ女の子がいたよね?
読んだときは妄想したさ。

南蛮貿易についてきてその後、ヨーロッパ各地をめぐる自分。
お付の従者を一人連れて。従者はひそかに私を慕っている。
シュールズベリー近くで異教徒だと迫害を受ける。
私をかばった従者が大怪我。

通りかかったカドフェルが救ってくれる。
怪我の治療の間、しばらく修道院に住まわせてくれるが、
町の人から異教徒を教会に入れるなんて!と非難を受ける。
その間、必死に従者の看護をした私は従者の大切に気づき、
惹かれている自分に気づく。
ひそかに思いあう二人だが、身分の壁に阻まれ、思いを表面には出せない。
そのうち、町に疫病がはやり、カドフェルでも治せない。
そのときに、日本から大事に持ってきた漢方の薬を使ってみんなを救う。
特に、かいがいしく看護した町長の孫が自分によく懐いてくれる。
「あの人達は肌も髪の色も変わってるけど、優しくて僕は大好きだ」

それでみなの信用を得て、異教徒ではあるけど受け入れてくれる。
やがて春が来て、従者の怪我も完治し、
シュールズベリーの町を出て行く日が来る。
最後に町長が
「お前は異教徒でもりっぱな人間がいることを教えてくれた」
最後に世話になったお礼として、
カドフェルに自分のもっていた秘薬とその使い方を教え、去っていく。
お互いへの思いは胸に秘めたまま、旅を続ける。

ベタな妄想です。独創性皆無なので。
posted by にーつ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:h1IYU6ZQの妄想

64 おさかなくわえた名無しさん 2006/10/31(火) 10:24:44 ID:h1IYU6ZQ
ホテル王の一人娘と、妻に先立たれたピアニストの物語。
親の決めた相手は好色家だが、彼女をベッドへ誘おうとしない。
男は長身イケメンだがとことん芸術家肌で、経営能力はショボイ。兄1人姉2人、
弟1人。両親は大学入学直前に死去、苦学する。
修行の為に他のホテルでフロント業務をする彼女は
男の善良な人柄と奏でる音色に惚れ込み、逢い引きを重ねる。
次第に亀裂が生じ、やがて許婚の存在を知る男。初めて出会った時と同じく、
トランク一つで彼女の元を去る。
彼女は親の決めた相手と結婚するが、後に離婚。男の子供(双子)を宿して
いた為だ。女手一つで子供達を育てつつ、経営者として名を馳せる。
そんな事をつゆ知らぬ男。
絶望の淵から這い上がり、ピアニストとしての職をも捨てて修道院へ。
院長の強い勧めもあって、僅かな自由時間で作曲をする。
時は流れ、四半世紀経った頃。
義兄(美人だが猛女な姉の夫)との文通で、
一度も会った事のない我が子らが幸福な家庭を築いている事を知る。
祭壇の前で静かに跪く男。
やがて立ち上がり、自室に戻ると何も書かれていない五線紙を広げ、
万年筆を取り出す。
男が手掛けたミサ曲が聖堂内に響く
-fin.
posted by にーつ at 04:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ID:mhUhrA8mの妄想

53 おさかなくわえた名無しさん 2006/10/29(日) 00:48:22 ID:mhUhrA8m
最近熱いのはこれだね、ノーベル賞。
25でノーベル物理学賞を取った俺はイケメンの天才としてチヤホヤされるが、
「私一人の力では無いので」とインタビューではにかみながら答え
女性誌のカラーページで主婦に大人気、謙虚な青年として超持ち上げられる。
俺の講演会は物理学?シラネwwな若い女でごった返し社会問題になるが、
広く学問を知ってほしい俺は来る人間を拒まず、分かり易い講演で引っ張りだこ。
若い女はこぞって力学に目覚め、大学の社会人入学がブームに。
テラスゴスな俺には当然アンチも出てくるが、
研究成果や論文をコンスタントに出しているので事実無根の批判など無問題。
2ちゃんですら擁護レスが飛び交う。
うはw俺大人気wwww社会現象ktkrwwwwwwwwwwwwww


という妄想で一日過ごせる駅弁大学の文系女です。
イケメンの方が妄想進みやすいですが、
日本人女性初のノーベル賞バージョンもあります。
物理学?シラネ
posted by にーつ at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ID:pPH0hjCEの妄想

49 おさかなくわえた名無しさん 2006/10/28(土) 20:19:04 ID:pPH0hjCE
『ほら、そこしっかり支えてろ』
「は…はい!」
『本当にお前は不器用だから仕方のない奴だ』
「はい…(´・ω・`)」
『………おい…ちょっと待て……お前それいつからだ』
「え?ななななんか間違えましたか!?」
『違う!お前、いつからそこ怪我してるんだ!
 さっきからそこをかばってばかりで動きがぎこちないぞ!』
「………すいません…」
『…何、謝ってるんだ』
「いや、やっぱり俺、先輩の足ばかり引っ張っていてなんの役にも立ちませんね…」
『…お前は阿呆か。俺はそんな事を指摘してるんじゃない。
 怪我の事をなんで隠してたんだ。そんなに俺は頼りないか?』
「そそそんな事はないです!
 …先輩だって傷だらけなのに、自分ばかり休むなんて…」
『こんな傷は平気だ。あんな獣にやられた傷など』


最近仕事中、こんな妄想が止まらない。
右手は利き手だから先輩扱い。
右手はぬこにやられて傷だらけ左手は激務に耐えられなかったのか腱鞘炎っぽいorz
文字にするとキモイな
posted by にーつ at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。